大阪の美容外科で気軽にできるふたえ整形の種類と特徴

二重

ふたえ整形の一つである埋没法の特徴について

まぶたに糸を埋め込んでふたえまぶたを作る埋没法は、糸のかけ方や本数で腫れの程度や期間が異なります。埋没法は、持ちの取れにくい方法と腫れの少ないスタンダードな方法の2つに別れています。持ちの取れにくい方法は、糸の本数を増やしたり、糸の結び目を増やすことで糸が緩みにくくなるので、取れにくいふたえまぶたを作ることができます。ただし、糸を絡めて止めることで強度を出す持ちの取れにくい方法は、糸をしっかり止めるので腫れが出やすいです。腫れの少ないスタンダードな方法は、糸を2箇所に止めて2点止めすることで、腫れを抑えられます。
しかし、どちらの手術を受けても腫れが出るので、腫れを早く引かせることが大切になります動くと血流が良くなり、まぶたも腫れるので手術を受けて帰宅した後は、安静にします。この時、頭を心臓より高くすることで、顔やまぶたのむくみを防ぐことができます。他にも、まぶたが腫れないように体に温めすぎないように意識したり、軽く冷やしてまぶたの腫れを抑えます。ただし、冷やしすぎると回復が遅れるので、アイスノンやタオルやハンカチで包んで冷やすのがお勧めです。美容整形の一つでもある埋没法は、手術の時間が短い上に痛みや腫れがそこまでないので、簡単にふたえまぶたを手に入れることができます。

choices

ふたえ整形の方法について

ふたえ整形をする人は増えている傾向にあり、日本の美容整形は技術も高く実績も多いのふたえ整形をしやすい環境になってきたということも関係あるでしょう。ふたえ整…

» もっと読む

ふたえ整形の一つである埋没法の特徴について

まぶたに糸を埋め込んでふたえまぶたを作る埋没法は、糸のかけ方や本数で腫れの程度や期間が異なります。埋没法は、持ちの取れにくい方法と腫れの少ないスタンダード…

» もっと読む

埋没法で理想のふたえまぶたを手に入れる

埋没法は、手術を受けた後に一ヶ月かけてむくみが引いていき、一ヶ月で完成します。そのため、埋没法を受けてから一ヶ月経って、ふたえのラインが希望していたのと違…

» もっと読む

ふたえ整形の一つである切開法について

ふたえ整形は埋没法と切開法の2種類の手術があります。そして切開法は、全切開法と部分切開法の二つに分かれています。全切開法は、まぶたをメスで切ってふたえまぶ…

» もっと読む