大阪の美容外科で気軽にできるふたえ整形の種類と特徴

二重

埋没法で理想のふたえまぶたを手に入れる

埋没法は、手術を受けた後に一ヶ月かけてむくみが引いていき、一ヶ月で完成します。そのため、埋没法を受けてから一ヶ月経って、ふたえのラインが希望していたのと違うと感じても、自然に治りません。しかし、埋没法は切開法と違って元のまぶたに戻せるので、気に入らなかったら元のまぶたに戻して再び埋没法を受けることができます。また、手術を受けてから一ヶ月経っても、糸の縫い目が膨らんでいたり、糸を埋め込むために作った穴が凹んで見えたりします。けれども、半年近く目を開いたり閉じたりすることにより、自然と目立たなくできるようになります。
ただし、糸をまぶたの皮膚の下に埋め込むので、技術的な問題や体質的な問題により、糸が皮膚から出てくることがあります。皮膚側から糸が出てきたら、指で触れて出てきたと思ったら、手術を受けた病院で診てもらう必要があります。なぜなら、糸が出てきても自然に治らないからです。また、糸が眼球側から出ることもあります。目がゴロゴロするという違和感を感じたり、目も開けていられないような痛みに追われたりします。そのため、異物感や違和感を目に感じたら、放置せずにできる限り早く手術を受けた病院で診てもらいましょう。もし、埋没法で理想のふたえまぶたが手に入らなくても、糸を抜くことでまぶたを元に戻せます。

choices

ふたえ整形の方法について

ふたえ整形をする人は増えている傾向にあり、日本の美容整形は技術も高く実績も多いのふたえ整形をしやすい環境になってきたということも関係あるでしょう。ふたえ整…

» もっと読む

ふたえ整形の一つである埋没法の特徴について

まぶたに糸を埋め込んでふたえまぶたを作る埋没法は、糸のかけ方や本数で腫れの程度や期間が異なります。埋没法は、持ちの取れにくい方法と腫れの少ないスタンダード…

» もっと読む

埋没法で理想のふたえまぶたを手に入れる

埋没法は、手術を受けた後に一ヶ月かけてむくみが引いていき、一ヶ月で完成します。そのため、埋没法を受けてから一ヶ月経って、ふたえのラインが希望していたのと違…

» もっと読む

ふたえ整形の一つである切開法について

ふたえ整形は埋没法と切開法の2種類の手術があります。そして切開法は、全切開法と部分切開法の二つに分かれています。全切開法は、まぶたをメスで切ってふたえまぶ…

» もっと読む