大阪の美容外科で気軽にできるふたえ整形の種類と特徴

二重

ふたえ整形の一つである切開法について

ふたえ整形は埋没法と切開法の2種類の手術があります。そして切開法は、全切開法と部分切開法の二つに分かれています。全切開法は、まぶたをメスで切ってふたえまぶたにするので、埋没法と比べて持ちの良いふたえまぶたを手に入れることができます。けれども、手術後の腫れや内出血が大きいので、傷が残りやすいです。なので、全切開法でふたえ整形すると、腫れや内出血の回復期間が長いです。
まぶたの腫れや内出血を極力抑える切開法は、部分切開法です。さらに、埋没法よりも取れにくいふたえまぶたにすることができます。ただ、部分切開法は全切開法と同じメスを使って切る手術ですが、出来ることが異なります。部分切開法は、全切開法と比べると出来ることが少なく、ふたえのまぶたを作ることと眼窩脂肪を取ることができます。しかし、全切開法は部分切開法で出来ることに加えて、余分な皮膚のたるみを取ることや眼瞼下垂手術を同時に受けることができます。
また、部分切開法は埋没法よりまぶたの腫れや内出血が出て傷跡も残り、全切開法よりふたえまぶたの持ちが悪いです。それでも、部分切開法は、埋没法ではふたえまぶたが取れるかもしれない不安を抱える人に向いている人に向いている手術です。ふたえ整形の一つである切開法は、持ちの良いふたえまぶたを手に入れやすくなる全切開法と、全切開法より痛みや傷口の大きさを抑えた部分切開法の二つがあるので、自分に合わせた切開法を選ぶことができます。

choices

ふたえ整形の方法について

ふたえ整形をする人は増えている傾向にあり、日本の美容整形は技術も高く実績も多いのふたえ整形をしやすい環境になってきたということも関係あるでしょう。ふたえ整…

» もっと読む

ふたえ整形の一つである埋没法の特徴について

まぶたに糸を埋め込んでふたえまぶたを作る埋没法は、糸のかけ方や本数で腫れの程度や期間が異なります。埋没法は、持ちの取れにくい方法と腫れの少ないスタンダード…

» もっと読む

埋没法で理想のふたえまぶたを手に入れる

埋没法は、手術を受けた後に一ヶ月かけてむくみが引いていき、一ヶ月で完成します。そのため、埋没法を受けてから一ヶ月経って、ふたえのラインが希望していたのと違…

» もっと読む

ふたえ整形の一つである切開法について

ふたえ整形は埋没法と切開法の2種類の手術があります。そして切開法は、全切開法と部分切開法の二つに分かれています。全切開法は、まぶたをメスで切ってふたえまぶ…

» もっと読む